2012年07月13日

女優で歌手の神田沙也加「貧乏神が!」

紅白歌合戦では二世タレントならではの、親の七光りで出演して、少し批判を浴びていましたが。

異常な幸運の持ち主である主人公の市子が脱力系の貧乏神と出会い、騒動を巻き起こす。

沙也加は市子の同級生で世界屈指の大財閥の令嬢、撫子の声に。

幼い頃から「美少女戦士セーラームーン」の大ファンで、休日をアニメファンの聖地、秋葉原で過ごすほどのアニメ好き。

女優業と並行し、1年以上前から声優の専門学校にも通ってきた“根性娘”は「声優さんは人生で一番なりたかった職業。念願がかなった!」。





ピンク色の巻き髪がトレードマークの撫子の声に合っていそう。

「私がしゃべることで撫子が動いてくれるなんて、親みたいな気分。お嬢様キャラになりきって、“オーホッホ!”とふんぞり返って笑います」。

聖子へは「録画してでも見てほしい」。


松田聖子が子供を生んでからはどんな顔なのかと常に注目を集めていましたが、デビュー後は松田聖子のような人気は出なかったものの、安定はしていますね。


小学生か中学生には、全寮制の学校へ通っていたとか。


両親が離婚したり苦労はあったかもしれませんが、将来の心配とかお金の不安はないのでしょうね。



posted by なな at 01:46| 歌手